ブログBlog

世界13ヶ国のデリバリー市場規模は+7%

2018/04/03

フードサービス シニアアナリストの東(あずま)さやかです。

 

来週4/11-4/13にビックサイトで行われるファベックス2018で、講演します。
テーマは「フードデリバリーの革新とマーケットの状況~世界の先例から見る日本市場の今後について~」です。

フードデリバリーが熱いのは日本だけじゃないんです。世界的に非常に速いスピードで成長しています。CREST(*)を実施している世界13か国計で、2017年の成長率は金額で+7%でした。そのうちデジタルオーダー率は半数に迫っています。

どの国が1番デリバリー比率が高く、成長しているのか? 日本市場ではどうなるの?など
について、ご紹介予定です。

4月13日12:00-13:00です。

お申込みはこちらから↓
http://eventregist.com/e/fabextokyo2018

*CRESTとは・・・外食・中食市場において 「いつ、誰が、どこで、何を、どのように食べ、どの程度満足したか」など消費者のあらゆる喫食動態データを、1年365日、直接消費者から収集し、年間13万を超えるサンプル数を元に調査分析できる情報サービスです。外食市場規模、中食市場規模、客数を業態、セグメント別に把握可能です。
(世界13ヶ国で実施)
詳細URL: http://www.npdjapan.com/service/food.html