プレスリリースPress Releases

<スポーツシューズ・アパレル市場 調査レポート>中国スポーツシューズ・アパレル市場規模は1.3兆円で25%増

pdf

国内の市場規模と消費者購買情報が分かるスポーツシューズ・アパレル市場情報サービス『Japan Sports Tracker 1』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:トーマス・リンチ)が、中国のスポーツシューズ・アパレル市場に関する分析を8月26日に発表します。

本分析では、大きく以下のことが分かります。2018年の中国23都市におけるスポーツシューズ・アパレル市場規模は約1.3兆円で成長率は25%増。市場規模の成長には、単価上昇よりも販売個数の増加が寄与しています。販売個数の増加には、全体の41%を占めるオンラインでの購入増加が最も寄与しました。また、オンラインによる販売点数の7割がモバイルからの購入でした。


 

中国スポーツシューズ・アパレル市場規模は1.3兆円で25%増

『Japan Sports Tracker※1』では、スポーツに使われている、またはスポーツ用に販売されているシューズとアパレルの消費者購入動向を世界16ヵ国で継続して毎月調査しています。中国23都市における2018年のスポーツシューズ・アパレルの市場規模は893億元(日本円で約1.3兆円)で、前年同期比で25%増の大幅成長でした(図表1)。日本における同市場規模は、1.06兆円で成長率は2%増でしたので、中国での成長がいかに大きいかが分かります。

 

 

売上個数の増加(18%増)が市場規模の成長に寄与

中国スポーツシューズ・アパレルの市場規模の内訳をみると(図表2)、2018年の販売個数は2.5臆で平均商品単価は353元(日本円で約5,269円)でした。同年の成長率を販売個数と平均商品単価別にみると、販売個数の成長率は17.7%、平均商品単価は同6.1%で、販売個数の増加が市場規模の成長により寄与していることが分かりました。

 

オンラインの購入増が販売個数増加に寄与

中国スポーツシューズ・アパレルの購入業態シェア(個数ベース)をみると(図表3)、最も多いのは、オンライン購入で約41%を占めます。以下、ショッピングモール26.8%、デパート14.7%、路面店10.5%、アウトレット6.9%となっています。販売個数伸長への貢献率をみると、オンライン購入の貢献がもっとも高いことが分かります。オンライン購入のデバイスシェアでは、スマートフォンとタブレットからの購入が合わせて約70%を占めています(特典データ)。

 

中国では経済成長が安定して成長(GDP+6.6、可処分所得+6.5%、消費者物価指数+2.1%、いずれも2018年の対前年成長率)していることを背景に、法人税優遇処置や法改正などを含むスポーツ政策により、2014年以来スポーツ市場全般が大きく成長し続けています。スポーツ産業全般(スポーツ用品、スポーツくじ、広告、施設等含む)の市場規模は、2015年から2025年までの10年間で15倍の5兆元(日本円で約75兆円)に達すると言われています。今後も国の政策の後押しを受けて、まだまだ市場拡大が見込まれる中国市場への投資は価値があると言えるでしょう。

 

 ※本内容をご覧の皆様向け特典について(2019年12月末まで)

特典データ「オンライン購入のデバイスシェア」を含めた本内容のデータ資料を無料でご提供いたします。ご希望の方は下記お問合せ先フォームにてご連絡下さい。

inquiry


*1  Japan Sports Tracker

スポーツシューズ・アパレル市場における全国の消費者購買行動を時系列で把握できる日本で唯一の消費者パネルデータベースです。市場のトレンドやビジネスチャンスを特定し売上を伸ばすために必要な、製品トレンドと消費者動向について包括的な情報が得られます。カテゴリー、ブランド、アイテムレベルで自社製品、競合他社製品のパフォーマンスを分析できます。
詳細URL: https://www.npdjapan.com/solutions/sports/

 


 

調査データの転載について

本件で公開されている資料につきましては、ご使用用途によりますが、出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。
表記は「NPD Japan, エヌピーディー・ジャパン調べ」でお願いいたします。
ご使用前には必ず下記の問い合わせ先までご一報ください。

過去のレポートは、下記ページの「プレスリリース」よりご覧いただけます。
https://www.npdjapan.com/press-releases/press-releases-list/sports/

 

お問い合わせ先

本内容につきましては、下記よりお問い合わせください。

inquiry